人形劇団「みのむし」公演

15757280257840.jpg
今日は朝1番で栗原市の栗駒小学校でPTA主催の講演会、約150人に向けて「ハイテクの時代の次はハイタッチ(ふれあい)の時代が来る」をテーマにお話しました。夜は白石市の「こじゅうろうキッズランド」で、マリオネット(糸操りの人形劇)としては日本で指折りの「みのむし人形劇団」の公演でした。日本でトップクラスの人形劇、生の児童文化財を子ども時代に間近で観ておくってことはとっても大切なこと。だってね、あと10年もしたら日本の人形劇界において、マリオネットの達人達はみんないなくなるからね。それにしても、岩手県境の栗原市往復から福島県境の白石市往復、今日は走った走った本日のどんちゃん号の走行距離は246キロでした。

丸森たんぽぽ・ひまわり子ども園支援

15756369422130.jpg
10月に宮城県を直撃した台風19号、丸森町では阿武隈川が決壊して甚大な被害をもたらした。「丸森たんぽぽこども園」(170名)が被災し同じ町にある「丸森ひまわりこども園」に避難している。子どもの数も290名に膨れ上がっている状況。そこで「国際こども教育基金」からの支援を受けて「あきらちゃん・ジャンプくん」あそびうたコンサートの復興支援を実施。今日の新聞やテレビでも大きく取り上げていただきました。今月は福島県相馬市にも復興支援コンサートに行くことになっています。

こころの宿題

15755416092211.jpg
こころがニコニコやってきた。尊敬する大人にインタビューするっていう宿題があって、私どんちゃんに聞きたいことがあるという。「はいはい、何を聞きたいのかな?」「えーとねぇ〜、あなたが憧れる大人はどんな大人ですか?」(ごめん、正確には違う質問だったかも、でもだいたいそんな感じ)。「おーっ、いい質問だ!」というか、面白い宿題だよねぇ〜、こころはお父さんにもお母さんにもインタビューしているのだが、お母さんは1時間半悩んだって。で、私どんちゃんの答えは「毎日、一生懸命、全力で生きている人」でした。さらに、こころは「その理由は?」って聞いてきた。「あのねぇ〜、どんちゃんが1番大切だと思っているのが時間なのさあ、その瞬間、その時間、その日をできるだけ全力で生きたいと思っているのね、与えられた時間は限られているから大切にしないとね」私の場合は本当に毎日、全力で生きているつもりだから、子どもからのまっすぐな質問にまっすぐに答えました。

楽々パーティの準備

15754678594990.jpg
年末恒例の楽々パーティ準備のために包丁を研いだ話が昨日のブログ。さて各クラスでは楽々パーティの準備・出し物を作っている。先週お話しをみんなで考えて、配役、衣装製作(んっ、待てよこの場合のせいさくは芸術作品を作っているのだから制作か?)。今週は、1人1人のセリフ考えて、動いてみて2回ぐらいの通し稽古(ゲネプロ?)。ここまで先週今週とやって3時間、よくやるよ本当に。そんでもって、来週ぶっつけ本番なんだけど、けっこうどのクラスもなかなかのクオリティにびっくりします。

包丁砥ぎ職人・どんちゃん

15753708672441.jpg
来週からアトリエ自遊楽校・年末恒例「楽楽パーティ」が始まります。ウチのスタッフはもちろん、ボランティアの学生が何人も来て、来て毎日のように、100人〜160人分のスープを作るのだ。白菜や玉ねぎ等を大量に切る包丁仕事、そこでアトリエの包丁5本を研ぎだした。私どんちゃんは、仙台立町にある有名な刃物屋さんとお友達。その昔、刃物の研ぎ方を直々に教わった。研いでいると砥石の上に黒い汁が出てくる、素人はずうっとそれを水で流してしまうのだが、この黒い汁こそ、鉄の粉の汁、この汁で包丁を研ぐのだ。両側を砥いで、仕上げは「刃返り」の状態になるまで研ぎ上げる。そして最後は親指の腹で包丁の刃を横になぞると親指の指紋の一本一本が刃にあたるような感じになる。この状態が「刃が立つ」ということ。職人になった気分でやっていたら、スタッフのひろみちゃんが「あっ、ウチの包丁もやって欲しい〜!」と懇願されたので、軽い気持ちで「いいよ」って言ったら、わざわざ自宅に帰り、包丁セットをお持ちいただいた。包丁ではなく包丁セット(5本)だった。セットね。合わせて包丁10本研ぎました。

「Wait Until 8th」

15752915421280.jpg
アメリカ・マイクロソフトの創設者ビルゲイツ達が、14才になるまでスマホを持たせない運動をしている。うーん、わかっている人はわかっているんだよなぁ〜。でも、日本の親はよっぽど肝が座ってないと、まぁ無理だわな。アップルの創設者のスティーブ ジョブズも、自分の子どもには家でiPadを使用することを禁じたし、フェイスブックの創設者のマーク ザッカーバーグも、2才と4才の娘達にひたすら絵本の読み聞かせをして、外遊びを一緒にやってるからね。やっぱりわかっている人はわかっているんだよ。

仲間って素晴らしい!

15750958734040.jpg
九州行橋市には、私どんちゃんの弟分「大ちゃん」がいる。そして、今回の研修会の講師は、私どんちゃんの兄貴分「増田ひげのおっさん」に来ていただいた。「大ちゃん」は、行橋市で子ども園を5園経営している方、「増田ひげのおっさん」は三重県四日市市で子どもの本専門店・メリーゴーランドを45年(日本で最古)やっている方。彼らは私の友達以上の仲間的存在。仲間としての関係は、素晴らしい。仲間は出会うと未来をテーマに語り合う、仲間はお互いの生き方を刺激し合い新たなる創造を生むのである。日本の男達は30才を過ぎると、新しい友達、いやもっと深い関係の仲間はなかなか作れないという。是非とも打算抜きで付き合える関係を作り合って欲しいなぁ〜。さてさて、仲間の話はいいとして、今回、増田ひげのおっさんの「ひげ」が凄いことになっていてびっくりしたわ。何でも子ども達からは「わぁ!サンタさんみたい!」って人気なのだそうだ。

「いきいき保育研修会」in行橋

15750986429950.jpg
九州は福岡県の行橋市に来ています。「いきいき保育研修会」です。講座1はメリーゴーランドの増田さんの「子どものしあわせと絵本」、講座2はあきらちゃんとジャンプくんの「子どもと楽しむあそびうたセミナー」でした。会場いっぱいの参加者、遠くは長崎県から2時間かけて参加してくれた先生もいらっしゃって、感謝です。

空飛ぶどんちゃん。

15749958717621.jpg
今日は福岡県に飛んでます。海の蒼さ、白い雲、そして空の蒼さとのコントラストが美しい。今月は月のはじめが九州全域の幼稚園主任教諭研修会、今回は福岡県内の保育士さん達向け研修会です。ひと月に2回も福岡県に来ていて往復4回、空飛ぶどんちゃんしています。「あきらちゃん・ジャンプくん」達は長い長いロード中、こちらはフェリーと陸路でお疲れさんだなぁ〜、九州の福岡県で久しぶりに合流です。

アトリエ・スキーキャンプ準備中

15749492999530.jpg
来年1月4日〜6日に企画しているアトリエのスキーキャンプ。定員いっぱい(2人オーバー)でキャンセル待ちになっています。いやいや毎回思うのですが、1週間であらかた定員いっぱいって、今どきないよ。ありがたい、感謝、感謝。今年のサマーキャンプは、チラシができる前から予約する子どもが相次いで、たった5日間で定員だったからね。びっくりするわ、本当に。私どんちゃんは今64才、後5年で70才、本気で子ども達とスキーで勝負できるのも、後わずかだと思っている。1回1回が私どんちゃんにとって集大成だね、毎日毎日スクワットやってます。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday