ミュージカルクラスSTEP公演間近

15082456240920.jpg
今日はミュージカルクラスSTEPの公演に向けて通し稽古でした。何度も泣きそうになりました。子どもの一生懸命な姿に打たれます。

アトリエにニワトリがやって来た。

15081423084100.jpg
「五感を通した直接体験が子どもを育てる、それがアトリエです」って言ってはみたものの、子ども達にどう体験してもらうかを準備するのは大変なこと。ニワトリを飼っている農家に事情を話し10日間もの間貸してもらう段取り。10日間アトリエでニワトリを飼うために専用のニワトリ小屋を制作する段取り。ニワトリが朝4時から鳴いても近所から苦情が来ない段取り。「段取り八分」そんな1つ1つの段取りをクリアしないと感動の直接体験はやって来ないのである。子ども達とニワトリとの感動の体験を創るには気の遠くなるような準備をするのである。ウチのスタッフ達はそのひとつひとつの準備を丁寧にやっている、すごいよねぇ〜。ということで立派なニワトリ君(オス)がアトリエにホームステイしているのだが、このニワトリの種類は青い卵を生むのだそうだ。「えっ〜!青い卵!見たーい!」「えっ、これオスなので無理です」。南米チリ原産の「アローカナ」というニワトリ、青い卵なんてそんなことがアローカナ?。


白石市・面白石の会

15080733266320.jpg
久しぶりに白石市・面白石の会です。白石市の面白い場所・物・物語を探して市民自ら磨き、新しいムーブメントを作って行く会が「面白石の会」。白石城や駅を花いっぱいにしようと始めたのが「白石・城花町プロジェクト」、これまで水仙や彼岸花を2000本も咲かせて来た。1番大事なことは昨年は私どんちゃんにおんぶに抱っこのプロジェクトだったのだが、今年度は市民自ら自主的に活動しているという事。まちおこしの基本だね、今日はその評価を私が整理して、来年度のお祭り企画を練りました。お祭りのネーミングを考えた「白石花マル」。花のマルシェを約して花マル、白石市がハナマル💮になるようにの願いも込めてね!。

「こども環境学会」

15079952521430.jpg
今日は東京日帰り「こども環境学会」の理事会でした。「こども=未来ファースト」の考え方について議論しました。「子どもの権利条約」は1989年に国際連合の総会によって全会一致で採択されたもの。基本原則は、1,子どもに対する差別の禁止、2,子どもの生きる、育つ、発達する権利、3,子どもの最善の利益の確保、4,子どもの意見を尊重すること、の4項目。どの項目も当たり前だと思うのだが、しかし、管理教育を推し進める日本の学校教育現場は「そんな条約を批准したら子どもを管理出来なくなる!」と言う理由で158ヵ国中109番目で署名している。ナイジェリア、ドミニカ、ニカラグア、トンガ等々の国よりも遅いのである。そうそう、がっかりするよね、子どもは管理するものではないのよ!。1番のネックは「校則」、校則に定められている制服を全員そろって着用するって決めていることが、子どもの権利条約に違反するってことなのよ。私は高校1年生の時に制服自由化運動をやり、それ以後ずっと我が母校は私服になっている。そもそも学生服の原型は軍服、女子高生のセーラー服だって水兵の軍服がモデル、みんなミニタリールックなのよ、そんなものを押し付けていること自体が時代錯誤だよね。日本は遅れている、子どもを自由に解放しましょう!。

新採用自治体職員研修

15078926254230.jpg
秋になると毎年、宮城県内の自治体に就職した若者達80人ずつ7回、合わせて600人の研修をやっている。仙台市の新採用職員研修は毎年春、5月に600人一挙に大ホールでやったいる。ということは仙台市も含めた宮城県内の自治体に就職した1200人に毎年「まちづくり」について講演しているのだ。現代の若者はコミュニケーション能力がなく、変なプライドだけあって打たれ弱く就職して社会に出てもすぐに辞めてしまうと言われている。そんな気質の若者達に私が熱く語っていることは、まちづくりでも仕事でも生きる事でも大切な事は「パッション」と「ミッション」だってこと。私の講義を聞いて私宛にメールを頂くことがある「新田先生のお話しを聞いて感動しました・・・」 感動したまではいいのだがあとの件(くだり)は他の人や周りの愚痴を永遠と書いてきたりする。どうすればいいのかの答えは他人や周りにはなく自分の中にあるのであると思っている。「パッション」は自分の中にある「情熱」、「ミッション」は「目的」。「目的」は幅広く人生の目的もあるだろうし仕事の目的もあるでしょう。毎日「パッション」を生きていると自然と「ミッション」が見つかるのですよ。夢や目標を実現している人には2つの共通点があります。1つは目標が明確であること、2つ目は必ず目標が達成されると確信していること。わかるかなあ〜。

やっぱりアトリエはいいねぇ〜。

15078174577530.jpg
昨日の朝バリ島から帰ってきて、その日のウチにアトリエに直行。どんちゃん疲れた体を少し休めたら、って思うでしょうが、違うのよ、かえってパワーをもらえるのよ。はいはい、子どもって凄いパワー持っているからね、一緒に遊んでいると疲れが飛ぶんだね。今日のカリキュラムは「ダイコンを描く」。子ども達に質問「さてさて、ダイコンを畑でそのままにしておくと春には上にスクスク伸びてダイコンの花が咲く、じゃあさ、この白いダイコンの部分はどうなるの?」という私のなげかけに「え〜と、ダイコンがひげひげの根っこになる!」「もっと大きくなる」「腐る!」さまざまな答えを言う子ども達。「正解は栄養分を上にスクスク伸びる茎や花や実に送るために、春には凄く小さくなってシワシワになるんだなあ〜、ほら、君達のお母さんも同じで君達に栄養を吸いとられ、君達が大きく育つと小さくシワシワになっちゃうんだと思うよ」って私が言ったら。「う〜うん、ウチのお母さんは絶対小さくはならない!」って答えたりするから面白い。

地球感動倶楽部・バリ島4日目

15076793767583.jpg
感動的なバリ島でのどんちゃんプログラムを過ごして「さあ、帰るよー」の時間なのにロビーのビリヤードコーナーから賑やかな声が響いてくる。実はどんちゃんプログラムの合間を縫って、自分たちで時間を見つけてはビリヤードをやっていたのだった。なんと海外から遊びに来ている他の子ども達も巻き込んでね。もしかして渾身のどんちゃんプログラムよりも何よりも自分たちでやったビリヤードが面白かった?。

地球感動倶楽部・バリ島4日目

15076770229390.jpg
最終日はやっぱりラフティング。盛り上がりましたよ〜。

地球感動倶楽部・バリ島4日目

15076786958572.jpg
あー、面白かった。中身の濃い4日間でした。うーん、何十回来てもバリ島は飽きないんだよなぁ〜。と言うより来ると元気がもらえる。バリ島のどこを切り取ってもその雰囲気気配が感動的に素晴らしい。写真はここ何年かの定宿メリアバリホテルの夕方の景色です。

地球感動倶楽部・バリ島4日目

15076774304711.jpg
バリ島のラフティングのインストラクターは遊び上手です。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday