<< 現代美術に遊ぶ | main | 修学旅行に思う >>

「静岡県焼津青年会議所」

15263849011960.jpg
JCと呼ばれる青年会議所の会員は全国で約35000人ほど、その会員数はどんどん減り続け減少率は6%にも及ぶ。あと10年たたないうちに2万人台になってしまうという予測もある。そんなJCの例会でお話しする機会をいただきました。どうしたらJCの活動がいきいきするのか?、ひとつは発信力だね「JC」=「飲み会」それしかやってないみたいな感じからの脱却。JCの活動って凄ーく頑張っているのだけれど、いまいちそこのまちの市民に伝わっていない、と言うかメンバーの家族にすら理解されていない。そんなんじゃあ広がる訳がない。福島県南双葉JC主催のこどもミュージカルのお手伝いをしているのだが、原発の影響で昨年4月にようやく小学校が再開した地域だからさぁ、ミュージカルを観ている会場全体が涙、涙、感動、感動、大感動なわけさ。JCのメンバーが「ありがとう〜、感動したよ〜、また来年も企画してほしい!」を何度も言われる世界。「感動がまちをつくる」だね。参加している子ども達も「JCってカッコいい!クール!」ってなるわけさぁ〜。そうそう「あこがれ力」で会員を増やすことだね。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday