<< 山元町・亘理町子どもミュージカル本番 | main | バナナちゃんという生き物 >>

「奇跡」について!

一昨日のブログに「奇跡」の事を書いた。半年間、又は1年間かけて子どものミュージカルを作り込むなんていうのは、ざらにある事だと思っている。だけど3日間の練習で4日目が本番となると話は別。3日間の練習って言ったって、1日目が、顔合わせや緒連絡で1時間忙殺されるから練習できるのは2時間しかない。2日目と3日目が4時間ずつ、3日間合わせて10時間。たった10時間で人が観て耐えうるステージになるべく作り込みをしていくのだが、これが毎回痺れる。途中、インフルエンザで倒れていくスタッフや子どもがいたり、予測もしなかった事態が次々起こる。1番下は4才児(今回4〜6才児は10人)が、1日4時間の(大人でも顎が上がる)練習に耐えうるのか?などと不安はたくさんある。そんなことあんなことがたくさんあっても、ステージも客席も皆さん大感動で終わるのはなぜだろう!。これを「奇跡」と呼ばすになんと呼ぼう。今回、気付いた事があった。それはミュージカルのお話しでは『王者の剣』が奇跡を起こすのだが、「奇跡」は『王者の剣』だけで起こるものではないって事。「奇跡」の正体は「熱」だな、絶対やりたいっていう熱き強い思い、その熱が「熱伝導」になって周りにつたわり、やがて大きなうねりになる。これが「奇跡」の正体だな。子どもって、そのものが「小さい奇跡」みたいなものだから、カスがたくさんついてきた大人より「奇跡」の予感が解るんだな。なのでこの10時間の間に「素敵な奇跡」がたくさん生まれ、「小さい奇跡」がたくさん生まれる。それだ、それだ、それに違いない。もしこのミュージカルが映画になったらたいとるは『小さくて素敵な奇跡達』に決定だな。『小さくて素敵な奇跡達』にありがとう!。

 


コメント
今回も子どもたちの奇跡を間近で見れて良かったです!
ミュージカル後帰宅し、グングン熱が上がり、病院に行ったらインフルエンザでした、、、。
大学時代、新型インフルエンザが流行り(念願の)部活停止3日間になりました。絶対外出禁止と言われたのに遊び歩いた3日間でもインフルエンザにならなかったんですけどね〜。。。_(:3 」∠)_
  • ハマ
  • 2019/01/30 1:36 PM
ハマありがとう!。ハマの笑顔が子ども達に奇跡を起こさせるのだよ。今回はインフルエンザの熱も一緒に「熱伝導」したんだね!。
  • どんちゃん
  • 2019/01/30 2:47 PM
子どもたちが「ポカーン」としている初日から、スタッフのはまもミッキーも、とにかく笑顔で、たまにゲラゲラ笑いながら子どもたちに付き合ってくれた。
サンキュー、大きな子どもたち!
力つきるほど遊んでくれて、ありがとう!
  • リカちゃん
  • 2019/02/01 10:07 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday