<< 「こじゅうろうキッズランド」 | main | バリ島歌舞団の村・分断から融合へ >>

青森県の六ヶ所村

15492655581810.jpg
青森県の六ヶ所村は原発の村である長年反対派と賛成派に分かれて村が分断されている地域。親が反対派だと子どもも反対派、親が賛成派だと子どもも賛成派になってしまい小中学校の子ども達も仲が悪くなって・・・、このままではよりよい教育が成り立たないということだった。そこで私どんちゃん達だったらなんとかなるんじゃないって白羽の矢がたった。「分断」から「融合」へ、意見の違う人をお互いに認めるワークショップを小学校の全校生徒にやったら大成功で、もっとやって下さいという事になった。「そしたら、みんなで力を合わせて何かを創る事だね、うーん、例えば防波堤に子ども達全員で絵を描くとか!」。あっさり企画が通る。私どんちゃんとラーメンちゃんが六ヶ所村の民宿に泊まり込み、防波堤(100メートル)の壁画プロジェクトは始まった。民宿一泊目の夕食は「イカの刺身」、水揚げされたばっかりのイカは絶品「旨い!」の一言。二日目の朝は、温かいご飯に「イカの塩辛」これも最高、これさえあればなにもいらない感じ、幸せ〜。二日目の夕食は「イカの姿焼き」、これもめちゃくちゃ旨かった。そして三日目の朝食は「塩辛」、あれ?もしかしたらと思ったら案の定、夕食は「イカの刺身」。このパターンで1週間、ずーっとイカだった。このプロジェクトは大好評となり、翌年は違う防波堤(80メートル)に描くことになった。でーも、さすがに違う民宿にしました。イカの不漁が大変な問題になってきたとテレビのニュースでは報じていたが、あれ以来イカ食べてないなあ〜!。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday