<< みんなで育てる! | main | 「やひろ」と「りく」 >>

教え子達が次々やって来る。

15518774843810.jpg
3月ともなると教え子が毎日のようにやって来る。昨日は「ゆうき」(大学3年生)がやって来た。小さい頃からアトリエで一緒だった仲間「こうちゃん」「ゆうや」「ゆうすけ」達と青春18キップを使って広島まで行く計画を立てているという。「おっ、いいねぇ〜!青春だねぇ〜、ところで何しに行くの?」「えっ、特に考えてないけど、広島に行くんだったら『ひろみ』ちゃんの実家に宿泊しようかってみんなで言っている」「えっ、それって『ひろみ』ちゃんのお母さん知ってるの?」「ううん、まだ言ってない」「おいっ!」。昨日の夕方は「しおこ」がやって来た。「おーっ、『しおこ』大学どこ考えてるの?」「え〜っ、多摩美術大学か武蔵野美術大学とか美術系考えているんだけど、どんちゃんはどう思う?」「うーん、やめた方がいいんじゃない」「やっぱり」「他の大学は?」「あとは東北大学の工学部かなぁ〜」「分野が違いすぎてびっくりするわ!それだったら東北大だろう」「うん、わかった、頑張る」。今日は「かずまさ」がやってきた。彼は千葉大の理学部に行っているのだが、卒業した後どうするかをずーっと考えていて、今日、今のところの考えを私どんちゃんに言いに来た。「東大の大学院に行って・・・」「よしわかった、それで行け!」その後水曜日のどんちゃんクラスの子ども達の前で、私から発表された。子ども達から「頑張れ〜!」、もうこうなったら腹をくくって前に進むしかない!。進路で悩んでいる若者は、実は自分でこうしたいって決めていて、そこから私に会いに来るものなのよ〜。なので、私の役目は背中を押してあげるだけ。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday