<< 宮城県美術館は市民に開かれているのだろうか? | main | 地球感動倶楽部・バリ島 >>

「春の自遊楽校」


10年前ぐらいまで5月の連休に「春の自遊楽校」という企画をやっていた。全国各地から子ども単独参加はもちろん、家族参加や、なかには新婚旅行で参加する方々などなど、約百人のお泊まり企画だった。今年の10連休に小さく復活します。私どんちゃんが育った加美町の祭り「虎舞」がメイン、他にも山形県最上町の素晴らしい牧場に遊びます。宿泊は東北三大温泉の1つ鳴子温泉です。全国の皆さ〜ん、久しぶりに「春の自遊楽校」の同窓会やりませんか〜?。


コメント
わぁ!春の自遊楽校だぁ。
こないだ、子どもたちに新婚旅行?で参加した時の写真、見せていたんだなぁ♪
えっ?新婚旅行だっけ?
  • すやか
  • 2019/03/25 9:17 PM
えっ!最上町にいくんですか!笑
  • ぷーちゃん
  • 2019/03/25 9:39 PM
どんちゃんは金持ちとどんちゃん信者しか相手にしないってほんと?
  • どんどこ
  • 2019/03/29 9:25 PM
おっと、こんなコメントが入っていたとは、ゴメンなさいねぇ〜、お返事のコメント遅くなりました。少しマネージメントの話をしましょう。たしかに私のブログを見ているとお金がかかってしまうお知らせの多いこと多いこと・・ですよねぇ〜。まずはアトリエの話から、月謝は約1万円、会員が約200人なので収入は月に200万ぐらい、200万を仮にスタッフ10人で分けっこしたら・・・です。その他に近所に駐車場(15台分)を借りているお金、水道光熱費、教材費、電話、パソコン、家賃はありませんが土地を購入したり建物を建設した際の借金があり銀行への支払いが月々相当額あります。アトリエの月謝が高いって感じている方には本当に申し訳ないですが、これでも本当にギリギリです。次に旅行企画ですが、ここ30年日本の経済が冷え込んできているので、高く感じていらっしゃる方々もいると思います。しかし、実は参加費は私が仕事を始めた40年前から全く変わっていません、なので子どもの旅行企画ってそんなものだったのよ。日本の40年前の一般家庭の年収平均と、今の一般家庭の年収平均は50万円も減っています。そこからいくと参加費を安く設定しないとダメなのでしょうが企画を維持するのも至難の業で、本当にギリギリの状態です。ただ、私はいま64才で、子ども達と本気で遊べるのもあと10年ぐらいかなぁ〜って思っていて、あと何回こんなことができるかなあ〜って毎回思いながらやっています。最後の最後でクオリティーを落とす事はやりたくないので大変申し訳ないのですがこのまま死ぬまで突っ走って行きます。最後にお金もちしか相手にしないということは全くありません。1年間にノーギャラで仕事することの多いこと多いこと、熱い思いがあるのですがお金がなくって〜みたいな子どもの現場があると交通費もギャラもなしで出かけています。ちなみにこの4月だけでも2箇所に行きます。東日本大震災で被災した3県の子どもの現場でずーと継続してきたことも、すべてフリーどころか私達が身銭を削ってやってきたことです。どんどこさんの一行のコメントに長々とお返事を書きました。もし、どんどこさんの子どもの現場でなにかお手伝いができることがあれば、なんなりとご相談ください。
  • どんちゃん
  • 2019/04/01 1:34 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday