<< どんちゃんならボタンいるかと思って! | main | 「子どもから学ぶ」 >>

『スーツケース』より『ふろしき』だな!

15597289168770.jpg
毎日流れてくるニュース、1つ目は「異常気象」。実感としては「いよいよ地球が壊れ始めた!」って感じ。2つ目は、「イヤな事件」が日本社会で次々起き始めていること。「いよいよ日本全体から悲鳴が上がっている」感じがするね。これって根っこをたどればみんな「教育」の問題なんだよねぇ〜。1つ目の異常気象は、地球環境全体の教育を地球人みんなが学び、持続可能性(生物的なシステムがその多様性と生産性を期限なく継続できる能力)を早急に学ばないとね。2つ目の「イヤな事件」も、根っこのところやっぱり教育なんでね。従来の学校教育では、周りのみんなと同じはみ出さない子は良い子で、はみ出す子は問題児ってラベリングしてきたところが決定的にアウトだったのよ〜。友達同士でもヘンな子ってだけでイジメられる対象になってしまう。子どもを取り巻く環境は多様性を認めて来なかった。又は、多様性を認める力・本来の意味の教育力が教師に欠落していたのだと思う。アトリエ自遊楽校は美術の現場なので、自分だけの表現・独自性が求められる、なので、多様性なんて当たり前の世界なのですよ。そこのところが他の教育機関と決定的に違うところ。学校は入れ物としたら『スーツケース』だな、なのでスーツケースから長かったら、うまく収まらないことを理由に切ってしまうし、他と形が変わっていると、効率良く収納できないことを理由に同じ形になることを強制される。それが子どもだとしたら、自分の個性を捨ててそこに収まろうとするか、あるいはそこから姿を消すか選択肢は2つしかない。自遊楽校は入れ物としたら『ふろしき』だな、1枚で包めなかったら継ぎ足せばいいし、穴があいたら重ねればいい、ほら、どんな不定形でも大丈夫なんだなあ。あっ、学校も『ふろしき』になりなよ!。写真は今日のどんちゃんクラス、サンマを描いた後にみんなで上手に食べています。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday