<< 『スーツケース』より『ふろしき』だな! | main | ザリガニちゃんがやってきた。 >>

「子どもから学ぶ」

15598208310830.jpg
昨日は学校が子どもの入れ物だとしたら「スーツケース」ではなく「ふろしき」であるべきである、という話しをブログにした。現在の学校の在り方からしたら確かに難しい問題であろう。だけども、これからの、そう、未来の学校の在り方を考えたときには「学校ふろしき論」を是非とも考えて欲しいのよ。次に昨日もちょっと触れたのだが、先生の在り方も変わって欲しいなぁ〜。私の父も母も学校の教員、叔父達も叔母達もみんな教員、私どんちゃんは宮城教育大学で18年、教員の養成にあたった。そんな私が最も大切にしている哲学が『子どもに学ぶ』ってことなのよ。教員の在り方として「私が先生です。私の言う事をよく聞いて!」的な事ではないって事なのですよ。私は23才から40年もの間、ずーっと子どもの現場を持っている。なので、毎日のように発見があり気付きがあり、ずーっと学び続けている。この作業には限界がなく永遠に私自身が成長できる(ありがたい事だ)って事なんだよねぇ〜。ということで今日ブログの写真は今日のどんちゃんクラスの子ども達、サンマを上手に食べてます。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday