<< 「私が運転手!」 | main | 遊び心は想像力の産物 >>

アンガーマネジメント

15610401182010.jpg
今日は私どんちゃんがやっている「NPOみやぎ・せんだい子どもの丘」の児童館職員に向けてのアンガーマネジメント研修でした。講師は昔からの仲間、志伯さん。アンガーは「怒り」の意味、さまざまな「怒り」、特に仕事上での「怒り」をどうコントロールするのか、上手に「怒る」とはどういうことなのかについて学びました。「喜怒哀楽」という人の感情のうち「怒」だけが、人生を壊す可能性があると言われています。「ついカッとなって・・・」反射的に過剰に(思わぬ事を言ってしまったり、やってしまったり)反応してしまうこと、これがマズイんだよねぇ。それではどうすればいいのか、脳科学の検知から言えば人間は6秒間は、カッとなるが6秒間を過ぎると怒りの感情は徐々にクールダウンするんだって。な〜の〜で〜、4秒息を吸って6秒息をはく深呼吸はとっても有効だって。人はなぜ「怒る」のか?、「・・・べき」という思い込みが強ければ強いほど、他人のソレを許せなくなるって。まぁ結局「怒る」側の問題だってことなのよ〜。勉強になったね。

コメント
当園も昨夜は職員研修で、ハラスメントやクレーム対応について学びました。
怒りは長くは続かない、だからクレームも最低3分間はじっくり話を聞いて受け入れて、そこから相手の望むことを確認⇒解決策を提示する。
自分の怒りも相手の怒りも、「待つ」「間を置く」って大事なことなんですね〜〜。
すぐ動きたがる私。4秒吸って6秒吐いて・・・肝に銘じます。
  • NOBUYUKI
  • 2019/06/21 9:01 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday