<< 『楽しい』のバトンタッチ | main | 「わくわく涌谷の会」 >>

「新しいふるさと運動」


昨日のブログの続き。アトリエ自遊楽校が来年5月で25周年って事は、今回お手伝いしてくれた大学生の人生すべてと重なっている事になる。今日のブログの写真『みのり』『かえで』『もえ』はみんな大学4年生、なので21才〜22才。向かって左側『みのり』は2才からのお付き合い、21才の若者を2才から知っているってなかなかないって思っているよ〜、19年だよ19年。まん中の『かえで』は3才〜4才の頃からのお付き合い、なかなか前に出られないモジモジ娘が自分の足で歩き始めている。右側の『もえ』は、小学生からのお付き合い、キャンプ中に就職内定の連絡がきてみんなで喜びました。3人はアトリエで出会った幼なじみ大の仲良し。アトリエという『ふるさと』で年に一度のサマーキャンプという名の夏祭りがあり、「そりゃ、お祭りだもん駆けつけなきゃって!」当然のように集まってきてくれる。そう言う意味では、アトリエは『新しい時代のふるさと』なのだと思う。3人は来年就職してしまうので、3人に取っては今回が最後のサマーキャンプとなった。涙が止まらない。アトリエ自遊楽校とは何者なのか、それは『新しいふるさと』であり、23年間かけて壮大なお祭りをやっているところなのである。


コメント
どんちゃんありがとう〜〜〜初めて3人一緒の写真がブログに載ってとても嬉しい!
もえとみのは、心の奥深くから理解し合える、支え合える最高の親友です。あの幼い時に出会えたから、素を出すことができる場所だったから、キャンプという特別な時間を一緒に過ごせたから、こそ、信頼が格別に違う親友だと思う。一生ものの友と出会えて、繋いでくれたアトリエに感謝!
スキーキャンプでも三人娘ガンバリマス!
  • かえで
  • 2019/08/09 8:49 PM
アトリエは本当に故郷なんだよね。自分を知ってる大人がいて、友人がいて、久しぶりに行ったら小さかった子が大きくなってて、「え&#12316;、あの子もう中学生なの&#12316;&#12316;?」みたいな…
私は転勤族だったのもあって、そんなコミュニティが無かったから、アトリエはとても大きな存在です。だから、「アトリエの子が東京に来たとき、少しでも頼れる同郷のお姉さんになれてたらいいな。」みたいなこと考えて就活してました。
みのりや楓、大好きな仲間と一緒に最後のスキーキャンプも遊びます!
  • パジャマ(もえ)
  • 2019/08/09 10:05 PM
みんな、お疲れ様!良い顔!
  • みっくん
  • 2019/08/09 10:19 PM
3人で改めてブログに載せてくれてどんちゃんありがとう!!私にとってアトリエは当たり前の存在すぎて、そうゆう意味ではほかの人よりありがたみに無頓着なのかもしれない、、
でもこの私にとっての当たり前はずっと感じていたいなんて贅沢なことを思ったりもして、、笑
だからそんなアトリエで出会った友達で今も繋がってる友達は一生もんだなって思う!出会いって素敵だね&#12316;!
  • ゆかた(みのり)
  • 2019/08/10 2:04 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday