<< 町内会って楽しい? | main | 全国子ども会連合会 >>

「商店街活性化事業」〜大河原〜


昨日のブログじゃあないけど持論を正論だと思っている、柔軟性のないおじさん達はどこにもいる。「商店街活性化事業」で大河原に入ったときは、私の話を耳にも鼻にも入れないおじさんだらけだった。バイパスに出来た大型店舗に客を奪われたというストーリーで、補助金をジャブジャブ使ってはいろいろやっているのだが全く結果が出ていない。私は1つモノサシを持っているのだがそれは「貶(けな)し上手がたくさんいるまちは田舎である」ということ。頭出せば叩かれる、足を出せば引っ張られる。とにかく周りにもんくばっかり、貶してばっかり、かと言って自分では何もしない。やっぱりさぁ〜、ピンチのときは工夫しないと。さすがの私も頭に来たので、大河原町中の病院や合同庁舎、そして銀行に1日に何人の方々が訪れているかを全部調べた。なんと2000人を超えていた。「みなさん、バイパスにお客さんが取られたのではなくて、目の前まで2000人の方々が毎日のように来ているのに、みすみす逃しているのだと思いますよ。工夫をしなくなった商売人は・・・」。私の本気(迫力?)にみんなシーンとなったのをおぼえている。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday