<< 「ケサランパサラン」 | main | 教え子が大きくなって、その2 >>

教え子が大きくなって

15701978604890.jpg
教え子の「ゆうき」(キャンプネーム・ワリバシ)は、企画のお手伝いをしてくれたり、何かとアトリエの行く末を気にかけてくれたりしている。なにせ彼は幼児期からのお付き合いだからねぇ〜。身長はすくすくと成長し私達をはるかに超してしまった。「オイ、ゆうき、俺たちをどう思っているんだ?まさか年寄りだなんて思っていないだろうなぁ〜」「まさか、まさか、そんなこと思ってないっス」「じゃあ、ラーメンちゃんをどう思っているんだ?」「ラーメンは生き仏ですかねぇ」「なるほど、じゃあ志賀ちゃんは?」「志賀ちゃんは聖母ですね」「ふーん、うまい事言って、じゃあ、オレどんちゃんは?」「どんちゃんは守護神だな」「おお、いいねぇ〜」ってその時は喜んだけど、なんのことはない年寄りを超して神様とか仏様にしたってことじゃん。後で気づいたわ。


コメント
大人になってスタッフたちの偉大さに気付くんだよね&#12316;&#12316;!
にしても宇都木の表現上手すぎ笑
  • みのり(ゆかた)
  • 2019/10/08 2:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday