<< 絵本作家・荒井 良二がミュージカルクラスの大道具の絵を制作 | main | アトリエスキーキャンプ >>

荒井さんの仕事

15810639822680.jpg
絵本作家・荒井良二さんが、1階のスタジオで昨日に引き続き大道具の絵を描いてくれている。終わらない終わらない、最終の新幹線に間に合うかどうかのジリジリした痺れるような時間に、金曜日の小学生クラス20人が見学にやってきた。子ども達が勝手に荒井さんに質問しだした。「荒井さんは、なんで、指で描いているの?」「あ〜ぁ、それはねぇ、筆だと線が均一と言うか、面白くないんだよねぇ〜。指で描くとかすれたり思いがけず太くなったり細くなったりするのよ、そこが面白いんだよねぇ〜」「荒井さんはいつから絵を描こうって思ったの?」「あ〜ぁ、それはねぇ、小学3年生から、そこで決心したんだなあ〜」「えっ、私も3年生」。金曜日クラスの子ども達は超ラッキーだと思うよ、プロの作家が勝負している現場をみることができたんだから。いやいや荒井さん、子ども達にも相手してくれてありがとうございました。

コメント
【荒井ピンク】と【良二グリーン】(←勝手に命名)が好き〜!!\(^^)/

今年のダイアリーは、荒井さんの描いたピンクの猫のカバーでしあわせ気分♪
  • かな
  • 2020/02/08 5:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday