<< 「PEPTALK・ペップトーク」その2 | main | 言葉って大事 >>

「PEPTALK・ペップトーク」その3

15896944621440.jpg
今日のブログの写真はウチの庭の新緑、木々はどうやってこの色彩を作るのだろうねぇ、不思議なもんだね。さてさて、昨日のブログの続き、高校時代のジャンプ君へのペップトークだったね(昨日、一昨日のブログをまだ読んでない方は、そっちを読んでからにしてね)。土壇場に追い詰められた高校生ジャンプ君にコーチのどんちゃんは何て声をかけるのか?。ペップトーク研修のときに私が考えた言葉は「ジャンプ君、さぁ、最後の一投だね、ドキドキしているようだけど大丈夫だよ、ほら、周りを見てごらん、みんなそんな感じだよ。いつものようにリラックスしてやってごらん。さぁ、目をつむって、このプレッシャーをはねのけて大投てきした時の笑顔で晴れやかなお前の顔を、イメージしてごらん。お前はカッコイイ!。さあ、カッコイイジャンプ君を見せてくれ!」だった。これが正解かはわからない、でもペップトークの理論としては、ー容(事実の受け入れ)⊂鞠(とらえ方変換)9堝(してほしい変換)し穃(背中のひと押し)ということになるらしい。そしてこの理論が脳科学的・心理学的な裏付けがあるのが面白い。入試の直前にとか、サッカーの試合直前、そして発表会のステージに上がる前にとか、子ども達を育てていく過程には様々な場面が想定される。日常的にも、子ども達はさまざまな事柄に挑み成長するものだが、子どもを本気で応援する応援団長・どんちゃんとしてはなかなかいい学びでした。

コメント
2日もかけて僕のエピソードありがとーございます笑

やっぱり10年前に新田さんに応援してもらいたかったですーー!
  • ジャンプくん
  • 2020/05/17 5:52 PM
うーん、間違いなく私どんちゃんがコーチでいたら記録出ていたな。自信あるわ。
  • どんちゃん
  • 2020/05/17 10:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday