<< ぜん君 | main | 寒いと思って引っ張り出した物 >>

えいと君

15930782870160.jpg
私どんちゃんにとって木曜日は、わーい、今日はえいと君が来る日だって思ってしまう(もちろん、水曜日と同じように木曜日もキャラがたっているメンバー揃いなのだが)。えいと君は小学校の全校集会で校長先生が「皆さ〜ん!、学校は楽しいですか〜?」と呼び掛けしたのに対して「楽しくなーい!」って大声で答えて全校生徒の(熱き)注目を浴びた伝説の男。担任の先生に「ボクは今日で学校を辞めます」って宣言し小学校を自主退学した男(現在は転校して楽しくやっています)。今日のカリキュラムは、ストローと綿棒を建築資材にして「橋」をつくるってやつ。友達と話し合いながらアイデアを出し合い、仕事の役割分担をしまさにアクティブラーニング。構造計算がされている?素晴らしい?橋が完成しました。完成した橋に重い辞典を何冊も乗せたのですが見事クリア!パチパチパチ!。そう言えば彼のお父さんもお母さんも高専の建築課卒、遺伝パワーがあるのかなぁ〜?。えいと君もカッコイイ、間違いない!。ところで「えいと君アトリエは楽しいですか〜?」もちろん「はーい!」でした。

コメント
学校行きたくないといつも言ってますが、アトリエに行きたくないと言ったことは一度もないです。えいとにとってアトリエの存在がどれだけ支えになっているか、本当にいつも感謝してます。
  • エイト、ナイン、テン、ブンちゃん母
  • 2020/06/26 9:05 AM
そっか
ウチは父が中卒、母が高卒だから
そっか、だからか
だよね
  • 白井
  • 2020/06/26 6:40 PM
白井さん、コメントありがとうございます。ブログでの記事が説明不足だったようなので補足しますね。私自身は親の遺伝がその子の将来を大きく左右するという立場はとっていません。ただブログで紹介した子は、学校という枠組みに苦戦をし、もがきながら自分のあり方を模索している段階です。一方で親は学校という枠組みでいわゆる優秀とされる体験を持っていますが、ここに大きなギャップが生じ親も悩みます。私がやれることは「その子はその子どもで大丈夫、OKだよ」のメッセージを命がけで発信しその親と子どもに沿うことだと思っています。私のブログは子どもの顔を(私の判断で勝手に)掲載します。今回は親御さんの出身校(言わば個人情報)も勝手に掲載しました。それでも母からすぐに暖かいコメントが入っていたことで、ご理解いただけると思いますが、ここにあるのは通常の小学校では成立しない圧倒的な信頼関係なのです。アトリエの様子「今日も彼はこんなにイキイキしてましたよー」で喜んでくれ、ものづくりが好きな「遺伝子」の話で笑い合える関係なのです。私のブログは親しい方々へ届ける手紙のような書き方をしています。言葉が足りなかったり一般的な常識からははみ出しているところがたくさんあります。お許し下さい。ちなみに私自身は大学を中退しているので、履歴書的には「高卒」です。私は遺伝の影響も学歴も、その人の人生に大きな関わりはないという立場をとっています。

  • どんちゃん
  • 2020/06/27 2:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday