<< サマーキャンプ3日目 | main | コロナの精神的な影響 >>

サマーキャンプの後始末

15957536594321.jpg
サマーキャンプ1回戦目が終了しての日曜日。身体はさすがに疲れていて目を覚ましたのはお昼近く、だが気持ちは軽く気分は晴れている。なんなんだろうなぁ〜この晴れやかさは。宮城教育大学で教えていた頃、私どんちゃんの授業のタイトルが「人間と遊び」だった。「人はなぜ遊ぶのか?」から「人の子どもは遊ぶことで人間になる」までをやっていた。今、世界中がコロナ禍にあって「遊ぶこと」はどうも分が悪い。だけど私はコロナを怖れすぎてかえって精神的な病気になることをもっと怖れている。車のハンドルには必ず遊びがある、ハンドルに遊びがないと事故が起きるのだ。だけど、レーシングカーのハンドルには遊びがない。200キロを超えるスピードで走るレーシングカーはハンドルに遊びがあったら、これまた事故が起きるのだ。時代はコロナストレスの中、何から何まで気をつけなければならないし、時代は5Gの時代、何から何までスピードスピード。そうなんなんだよねぇ〜、今、全く遊びがないレーシングカーの運転を人類全体が強いられているような気がしている。キャンプの帰り道、ある子どもがボソッと言った「あ〜ぁ、夏休み終わったし!」。そっか〜、長い人生の中で小学校時代の夏休みはたった6回しかないんだよねぇ、その夏休みをちゃんと保証してほしいよなぁ〜。子どもは未来そのもの、子どもの意見をもっと聞くべきだと思う。なにより、子どもは遊ばないと健全に育ちません!。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday