<< 『開』の意味 | main | 学んで、泣いて、笑う研修会 >>

『保育学セミナー』に向けて『ありがとう』作詞

16002669917600.jpg
この連休に横浜で開催する『保育学セミナー』に向けて『ありがとう』の曲の作詞をしています。保育学セミナーは今年で19年、全国の保育士・幼稚園教諭の熱い学びの場として、お陰様で全国的な評価を得ている。例年、遠くは北海道から、そして九州から参加してくれる方々もたくさんいて、本当に頭の下がる思いでここまで開催してきた。そして、そして、今年はコロナ、それでも参加しに来てくれるって、感謝以外のなにものでもないのですよ〜。そんな方々に『ありがとう』の思いを込めて詩を書きました。私どんちゃんは子どもの仕事をやり始めて43年、子ども達と遊んできて気づいたことがある。実は子どもから学ぶことがたくさんある、子どもは私の先生だったのである。子ども達に心を込めて言いたい『ありがとう!』、そんな思いを込めて詩を書きました。ブログの写真は今日の2才児クラスの写真、こんな写真をバッグに『ありがとう』が流れたらいいなあ〜。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday