「WiLL」に来ています。

15586737727050.jpg
今日は東京の編集社「WiLL」に来ています。メリーゴーランド増田さんの絵本紹介本の打ち合わせです。今日は東京日帰り、先週から今週と、まぁ忙しい忙しい、福岡県北九州に行って「こども環境学会」を仕切って、福岡県行橋市で、子どもを中心としたまちづくりの基本構想について市長さんと懇談をして、今度は、茨城県水戸市に飛んで「茨城県子ども会」の総会で基調講演やって、ようやく仙台に帰ってきてアトリエ木曜日クラスをやって、帰って来たかと思ったら今日は東京日帰り。身体がいくつあっても・・・。さて、今日の打ち合わせ場所は、東京南青山にある「WiLL」という女性だけで構成されている編集社。ここの片岡さんとは古い付き合いなんだけど、いいんだよねぇ〜、自然体で。今の時代、出版社は「いい本」「面白い本」より「売れる本」(だけ)をめざすのよ〜、そんな本の編集というエキサイティングな世界で、どう編集というマジックで「面白くって、いい本」が「売れる本」になるかをもがくわけよ〜。そのもがき方がカッコいいんだよね〜。

ヒナがかえりました

15586528037000.jpg
今年、新しくした野鳥の巣箱でヒナがかえりました。親鳥がひっきりなしにエサを運び入れ、そのたびにヒナ鳥の可愛い鳴き声が聞こえてきます。

茨城県子ども会総会

15585108586520.jpg
今日は茨城県に来ています。「茨城県子ども会」の総会です。この国日本では、地域と人を結ぶ組織や団体がみな壊滅状態だと言わざる負えません。婦人会は若い世代が全く入会せず高齢化が進み、老人会は高齢者が増えているにも関わらず入会率は減る一方、PTAにいたっては東京都でのPTA加入率は18%しかないのですよ。そこから考えると子ども会はまだ400万人いる日本最大の社会教育団体、この子ども会を中心にして疲弊した地域を再生へと向かわせることを真面目に考えています。ゴリラもチンパンジーも、そして人間も間違いなく「群れ」で育つ動物。異年齢からなる群れ環境が、子どもにとってどれだけ素晴らしい環境なのか改めて考える必要があると思っています。現代の若者の半分はせっかく就職した会社を1〜2年で辞めてしまうというデータがあるが、辞める理由のほとんどが人間関係だという。「コミュニケーション能力」をどこで身に付けるのか?、少なくともスマホのゲームからは学ばない!とお話しました。それにしても常磐線の両サイドに広がる田園風景、田植えが終わり水がはられてその田んぼに写り込む緑の森や山、圧倒的な美しさだね。


気が遠くなるようなシーン

15584226006080.jpg
今日は行橋市の隣町、みやこ町にある「太陽の森保育園」に来ています。園舎はモダンでオシャレ、周りの景色はどこまでも続く麦畑と豊かな広葉樹林の里山。そして広々とした園庭にはこんもりとした築山があり、無心にしろつめ草の草むらに遊ぶ子ども。ずっと見ていると気が遠くなるような感じがします。

行橋市の市長さんと大ちゃんと

15583620301210.jpg
今日は北九州市から行橋市に移動しています。行橋市の市長さんと私どんちゃんの弟分の大ちゃんとまちづくりについて意見交換しました。

子ども環境学会・九州大会

15582514612040.jpg
今日は北九州市にいます。「子ども環境学会・九州大会」です。今回、保育学会会長の汐見先生と副会長の大豆生田先生先生の豪華対談を、私どんちゃんがプロデュースしたのですよ。会場は大入り満員、皆さん大満足、よかったよかった。対談の内容は素晴らしく収穫がたくさんあったのだけど、他にも、たくさんの分科会やポスターセッションがあったりと面白かったです。そちらの方の(あんまり嬉しくない)収穫はあるデータ「子どもの5人に1人が自然に咲いている花や草や土や木の香りを嗅いだことがほとんどない、または覚えていない」「子どもの2,5人に1人が川や海で水の流れに身をまかせるなど、水の流れを体感したことがほとんどない、または覚えていない」「子どもの3人に1人が、蝶々やバッタ・トンボ等昆虫を捕まえたことがほとんどない、または覚えていない」「子どもの5,4人に1人が、炎を見たことがない、または覚えていない」「子どもの5人に1人が、トトロのメイのように大きな声をだして遊んでいない、または覚えていない」のデータでした。でもこのデータ、愕然とするよね!。


「ステップ中高生のダンス・動画」

15581614779170.jpg
「感動するよね〜、朝から五回は再生して観てしまった。」「そうそう、涙が出て来てもう大変なのよ〜。」などと口々に語り合っているのは、アトリエのミュージカルクラス「ステップ」のお母さん達。昨日「ステップ」の中高生チームの歌とダンスがユーチューブとステップのフェイスブックにアップされた。なんとアップして1日たつかたたないかで400回もの再生回数になっている。凄いよなぁ〜。あのね、私どんちゃんが思うにウチのミュージカルクラスってヘンに訓練されていないところが素晴らしいのよ〜。だから、それぞれが自分のダンスを楽しんでやっている。だからイキイキしているんだよねぇ〜。それって、とっても大事なこと。みんな全員揃えて腕の角度から表情までみんな同じ、そう、劇団四季みたいなものがすべてだって思っていたら、それはもう軍隊だよね。私達は身体で表現をすることが大事だって思っているから、それぞれのダンスがあっていいのよ。

 

 


「親の目 子の目」

15580872213000.jpg
昔、文科相制作の「親の目 子の目」という番組があった。その中で私どんちゃんのアトリエでの活動を半年間追っかけ全国放送された30分番組があったのよ〜。タイトルは「失敗は成功のダシのもと!」。久しぶりに観てみると、いや〜、面白い面白い!超〜面白い。なにが面白いって、私どんちゃんが38才、志賀ちゃんが35才、リカちゃんが23才で映っているのよ。これはみんなに観てもらわないとなぁ〜。年に一度のアトリエ講演会/「母の会」5月31日・10時30〜12時(託児あり)/「父の会」6月1日・夜7時〜力尽きるまで、で久しぶりにみんなで観てもらうことにします。「母の会」「父の会」は日頃全国各地で講演会活動をやっている私が、アトリエの保護者向け(保護者でなくてもOK)に幼児期の教育や学童期の教育について、子育ての悩みを解決するワンポイントアドバイスについてなどなどお話しする会。ぜひ参加してみて下さい。

青少年教育関係職員研修会

15580062652630.jpg
今日は宮城県主催で、「青少年教育関係職員研修会」があり、県内各地から約60名を超える自治体職員が集まりました。朝から事例発表の助言をしたり、午後は講演会とワークショップのコーディネイトをやったりと丸1日の仕事でした。さて、今日話題になっていたのは、ラーニングピラミッド、アメリカ国立訓練研究所から出された興味深いデータのこと。学習定着率が最も向上するのが「他の人に教える」90%、次が「自ら体験する」75%、その次が「グループ討議」50%、そして「デモンストレーション」30%と続き、「視聴覚」は20%、「読書」にいたっては10%しか学習の定着がしないというさんざんな結果になってしまっている。そしてそして、全国の「先生」って呼ばれている方々に是非とも知ってほしいデータは、「講義」はなんと5%しか学習の定着がみられないってことなのよ。「トーク&チョーク」で永遠に黒板を前にして講義形式で授業をやってきた「学校」は、なかなか罪深いことを長年やってきたのだと思うよ。今、日本の教育はアクティブラーニング(能動的な学び)の方向に大きく梶をきろうとしている。今日もその旗を一生懸命振り続ける私どんちゃんでした。

新(あらた)君から手紙が届きました。

15579034803502.jpg
福島から今年の5月に開催した「春の自遊楽校」にお母さんと共に参加してくれた、新(あらた)君から手紙が届きました。「 ありがとう もんぶらん うた たいこ ゴーカート 5にんのおふろ のみかい とらししまい あきらちやん」彼は今30才、小学生の高学年から「春の自遊楽校」に参加する常連さんだった。彼が20才になったとき、初めてのビールも「春の自遊楽校」だった。今年はあきらちやんとモンブランや私どんちゃんと同室でした。朝おきて、幸せそうに1日目はあきらちゃんに2日目はモンブランくんにヒゲを剃ってもらってました。彼にとって自遊楽校は安心できる場所なんだなあ〜。お母さんからの手紙も添えてありました。「〜春の自遊楽校のときの思い出が、自宅でも電車の中でも、朝から晩まで浮かんでくるみたいで、あいづちを打つのに忙しいです〜」いいですねぇ。彼はいろいろあってちょっと前まで、暗い顔をして下を向いていることが多い感じだったって。それが自遊楽校の雰囲気とスタッフに出会って、あっという間に、解放される感じだったって。そう、新君が子どもの頃に楽しく楽しく過ごした「時間」に、大人になってもう一度出会うことで、いろんな事が氷解するんだよねぇ〜。人は子ども時代の飛びっ切り楽しい時間があれば、その思い出だけで生きられる。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday