アトリエ自遊楽校

15852926857016.jpg
志賀ちゃんも河北新報で子育てのコラムを書いていたり、市民センターや児童館での親子遊びの講師として引っ張りだこでした。

アトリエ自遊楽校

15852922707185.jpg
自遊楽校は各方面から評価をいただいて、いろんな保育雑誌にも大きく取り上げてもらうようになりました。今日のブログの写真は保育雑誌クーヨンの特集で、私どんちゃんは美術で遊ぶ達人として全国に紹介され、その各分野の達人達を集めて「あそび名人・12人」という本にまとめられたのでした。この「あそび名人・12人」、科学遊びの分野からはあの米村デンジロウ(まだそのころは科学館の学芸員)、音楽遊びの分野からはケロポンズだったからね、なかなか素晴らしい読みごたえある本だったのよ。興味のあるかたはウチのネット販売コーナーから是非どうぞ。

アトリエ自遊楽校

15852911599314.jpg
アトリエを開設したのは元コンビニだった場所、駐車場もあまりなく(あっても停めにくい)、北山なので周りはお寺だらけ、よくぞ皆さん気持ちを寄せていただいたものだと感謝するわ。だってねアトリエに子どもを通わせても学校の成績が良くなるわけでもなく、今だったら保育学会会長の汐見先生あたりが「自遊楽校は次世代を生き抜く力を育んでいます」って言ってくれるけど、当時はまだなんの保証もエビデンスもなかったのよ。

アトリエ自遊楽校

15852900083192.jpg
ひょんなことから、私どんちゃんの昔話が始まり、このブログを読んでくださっている方々は「どうした、どんちゃん、大丈夫か?」って思っているのでしょうが、元気そのものでして、はい。ただ、始めたら途中で終わらなくなって・・・。すみません、もう2〜3日で終わります(終わる?そのつもりです)のでお付き合い下さい。だってほら、まだアトリエ自遊楽校まで行き着いていないんだよ〜。ということで、私どんちゃんが41才の春、志賀ちゃんとラーメンちゃんとアトリエ自遊楽校を開設。そこに養護学校の先生をしていたあきらちゃんが合流、イギリスに2年半ダンス留学していたリカちゃんが合流したのでした。いまから24年前の話です。

とっておきの芸術祭inみやぎ

15852172622021.jpg
現在、仙台定禅寺通りを中心に開催されている「とっておきの音楽祭」は、私どんちゃんが、多賀城市と七ケ浜町を舞台にして「とっておきの芸術祭inみやぎ」をやったのがはじまり。世界70ヶ国以上の国々からハンディキャップを持ちながらのアーチスト達が120人以上集まったとんでもないイベント。当時の宮城県知事は浅野知事、元厚生省出身だったこともあり「日本一の福祉県」を公約にしていた。「新田君、あれやれないかなぁ〜、こんなのやれないかなぁ〜」で知事室にも何度もおじゃました。今日のブログの写真は「エコー」というスエーデンのロックバンド(バンドをやっている14人のうち11人がハンディキャップを持った方々)が県民会館2日間公演した際、お昼休みに知事室を表敬訪問したときのもの。断っておくが、「エコー」のロックはいままで私が観たロックバンドの中で一番ぶっ飛んでいる凄いバンドだった、彼等は生き方がロックだったのよ。1時間前に電話して「あっ、新田です。お昼休み10分おじゃましていいですか?」みたいな感じだった。浅野知事の娘さん(当時小学生)は、アトリエに通っていて、私どんちゃんクラスだったこともあり親しくさせていただいたのだ。宮城県の福祉は間違いなく後退したような気がする。仙台市にしても「とっておきの音楽祭」をやってはいるが、私達が目指したノーマライゼイションの精神とは全く違うものになっている。残念だわ!。ネーミングの「とっておき」は、アメリカのケネディ大統領が始めた「ベリースペシャルアートフェス」を、「とっておきの芸術祭」と訳したことに起因している。そんなこと、今じゃ誰もわかんないじゃないかなぁ〜。

流れ星ページェント

15852015053810.jpg
30代でやってきたことを書いているんだけど、まぁ改めてふりかえると本当にいろんなことをやってきたなあって感じなのよ。「流れ星ページェント」は、130年に1度ペルセウス座流星群が地球に大接近し、その夜は流れ星がたくさん見える夜だっていうので、仙台でも見てみたいなぁ〜って思ったのがはじまり。天文台に聞いたら、「プラネタリウムのように街のネオンが消えれば見えますが、仙台の街の中ではちょっと無理だと思いますねぇ」とかって言われたのよ。じゃあ、その夜(8月12日の夜)100万都市仙台のネオンを消してみようとはじまったのが「流れ星ページェント実行委員会」(ほとんど私のお友達の会)、実行委員長はもちろん私どんちゃん。流れ星を見るだけのためにネオンを消しましょうなんて、世界中で仙台だけだったからさぁ、日本のテレビはもちろん、アメリカCNNやフランス2のテレビまでみんな密着取材になって面白かったなぁ〜。東北ネオン協会の協力もあって、ビルというビルの屋上ネオンはほとんど消してもらいました。ビヤガーデンはキャンドルで営業、国分町はもちろんパチンコ屋さんまで消してもらいました。今日のブログの写真のチラシを印刷(仙台市の小学生全員に配布したので10万枚印刷)するのに40万かかりましたが、その経費はすべて「電気を消すイベントなんだから、電気をつける会社が協賛したらシャレになるなあ〜」って思い、東北電力からいただきました。結果は大成功、そのときのテレビDVDを見て見ると「ペルセウス座流星群は130年周期なので、130年後にまた実行委員長やります!」とか言ったりしているわけ、若かったなぁ〜。んっ、あと104年後か、イケンジャネ。

旅行企画の

15851238233652.jpg
この写真はアトリエの子ども達をパリに連れて行った時のもの、エッフェル塔の真下。この後引率のラーメンちゃんと志賀ちゃんは、なんと子ども達と階段でエッフェル塔を登ったのでした。そんな経験はなかなかないよ!。私が引率していた中高生15名はポンピドウ現代美術館へ・・・。市内はみんな地下鉄で「アン チケ シルブプレ」って自分でチケットを買いながら移動したのですよ。そんな経験なかなかないよ!。

旅行企画

15851160026240.jpg
「ビーアイ」be動詞のbeと私という意味のI(アイ)、「自分(私)であれ」という意味。そこに通ってくる子ども達はもちろん自分は何をしたいのか、どう表現したいのかを考える場所。だったらそこに働くスタッフも「何をしたいのか?」を考えて仕事しようということで、さまざまな仕事にチャレンジ、私は「旅の企画をやりたい!」で、やりましたやりました。今日の写真はパラオに全国からお客さんを募って、国際交流旅行したのですが今考えると凄い人数だよねぇ〜。旅行代理店の方々からは、ビックリされたというかなんというか、JTBの部長からは「ウチで働かないか?」って言われるぐらいの集客力でした。新しいことを創出するって楽しいよねぇ〜。ちなみに一番右端が私どんちゃん、真ん中あたりにはケロポンズのケロちゃんがいます。

国体の開会式・閉会式の演出

15851145548842.jpg
子どものアトリエの仕事をやりながら、まちづくりや演出・プロデュースの仕事、クリエイティブディレクターの仕事をどんどんやり始めたのだが、宮城県に冬季国体が来ることになりその開会式と閉会式の演出の依頼が入った。いやーっ!これは嬉しかったね、なんと言ってもナショナルイベントだからね。

まちづくりのプロデューサー

15851138536511.jpg
30代の私は、やりたかった「まちづくり」の仕事をやり始めます。普通30才そこそこのペイペイが「まちづくりやりたいでーす」って言っても、キャリアゼロだから誰も相手にしてもらえないと思う。だけどラッキーにも大学時代の先輩達がみんな動いてくれて、仕事くれるのよ。塩釜の浦戸諸島の活性化事業「さわやか浦戸プロジェクト」、塩釜「遊ホール」開館記念企画事業、大和町の「まほろばホール」開館記念事業、多賀城市の福祉祭り。みんなみんな大学のサークルの先輩からの仕事依頼。ありがたいねぇ〜。みんな人と人のつながりで生かされた感じだった。現代では「ペイペイ」は支払い方法だが、30代の私は本物の「ペイペイ」でした。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday