仙台市新採用職員研修

15549666925810.jpg
この4月から新しく仙台市市役所職員になった若者達(中途採用の3〜40代もけっこういる)にまるまる2時間、講演してきました。それにしても、今年もたくさんいるなあ〜、特別職を除いて220人、大ホールに溢れんばかりの人です。講演が終了して帰ろうとしたら受講者から「先生、私、宮城教育大学時代に先生に教わりました。大学時代に一緒にバリ島にも行きました。」って声をかけられた。彼女は宮教大を卒業してソーシャルワーカーをやっていて、今年、中途採用されたんだって。私どんちゃんは宮教大でも18年教えていたからねぇ〜、そのころの卒業生がたくさんいていろんなところで声をかけられるのよ。「今日の講演、気合いが入りました。大学時代も先生の授業を受けてパワーをもらって一週間頑張った感じなんですよ〜、先生、ますますパワーアップした感じで今日も目からウロコでした。ありがとうございました。」嬉しいねぇ〜。

新年度初めての授業は新聞迷路

15548920389001.jpg
ジャーン、始まりました。水曜日どんちゃんクラス。今年度もピカピカの1年生から新6年生まで、ひたすら元気に描いたり作ったりおもいっきり表現しましょう。今日は恒例、新年度初めての授業カリキュラム「新聞迷路」、盛り上がりましたよ〜。新聞紙で部屋一面の迷路をつくるんだけど、周りの友達と協力しないと新聞紙をつなげられないのよ〜。高学年は小さい子達のリーダーになり、周りの仲間に声をかける、水曜日クラスに入ったばかりの1年生なんかは一気に緊張をとく。こうやって新しいメンバーで構成されるクラスの空気を作るのですよ〜。はい。コミュニケーション能力はこうゆう感じで身につけるのさぁ〜って見本になるような授業だね。やっぱり世の中の先生って呼ばれている人達はアトリエの授業を見学に来るべきだね。

ネコ用バリケード

15548242807490.jpg
春、近所のノラ猫が活発に動きだした。困ったことにウチの庭の一画をトイレがわりにして、頻繁に庭に入り込むようになったことだ。春になって庭仕事を楽しくやっているウチのカミさんからしたら、天敵みたいなもの。ついに庭に侵入されないようにとバリケードを築きはじめた。困ったことにノラ猫はそのバリケードを軽々と越えて平気に用をたしていくのだが、庭に設置している野鳥のエサ台に、行こうとする私の足が引っ掛かり転びそうになるのだ。

白石市出生率アップ


私どんちゃんが5〜6年まちづくりのお手伝いをしている白石市、昨年は大型室内遊具や絵本コーナー、などがある「こじゅうろうキッズランド」(どんちゃん達が運営)が開館したのだが、なんと出生率が上がりました。パンパカパーン!これは凄いことですよ〜!。いままでは、下がって下がって、どんどん下がる一途をたどっていたのだが、一気にV字回復、平成28年が1,29、平成29年が1,35となり、宮城県の出生率1,31を上回るという結果がでました。たまたまっていう人はいると思うが、今どき、たまたまでも、もっというなら間違ってもなかなか上がらないのが出生率なのですよ〜。子どもが育つまちづくり、子ども未来ファーストのまちづくり、やっぱりこれが大事なんだってば!。


日曜美術館・絵本作家スズキコージ

15546403443710.jpg
私どんちゃんが大好きな絵本作家スズキコージがNHK日曜美術館にでました。パチパチパチ!。あの奇才スズキコージに正統派・真面目一本槍のNHKがどこまでせまれるか?が興味深いところ、そういう意味では(ハラハラドキドキしながら?)見ごたえがあったね。もちろん本人は、真面目なNHKの枠からはみ出しっぱなしだったんだけど、まぁ、人間スズキコージは伝わってきたから良かったんじゃない。今回は広島の原爆ドームを題材にした「ドームがたり」で一昨年の絵本日本大賞を受賞した絵本も紹介されていて、文を書いたアーサービナードも出演。懐かしいねぇ〜、一昨年の多賀城市立図書館オープン記念イベント(私どんちゃんプロデュース)に、コージさんもビナードも多賀城に呼んで盛り上がったのよ〜。コージさんと私は古いお付き合い、その昔、仙台市の東一番町商店街に高山書店っていう大きな本屋さんがあってね、電力ビルまで続く壁(約20メートル)に大壁画を描くお手伝いをしていたのが私どんちゃん。懐かしい懐かしい、あの壁画は保存して欲しかったなぁ〜。

白石市のジュニアリーダー

15545592289341.jpg
今日は白石市のジュニアリーダー研修会に押し掛け講師しています。白石市の中央公民館の森君は、熱い情熱を持っている市役所職員3年目。宮城県の自治体新採用職員研修会で、私に出会い、わざわざ講師控え室まで来てご挨拶をしてくれた。「新田先生、私ジュニアリーダーもっともっと活性化したいんです〜」「なんだよ、そんなんだったら私が行ってあげるよ」「あの〜、予算とか・・・」「何言っているんだよ〜、ギャラなし交通費なしでいくよ」「え〜、いいんですか?」で今日の研修会が実現した。熱い想いのところには、こっちがお金を出しても出向きましょう。

5G時代がやってくる。

15544696455850.jpg
テレビのニュースでは、ついに時代は第4次産業革命と言われる時代に突入したと、報じている。5GのGはジェネレーションの略、高速大容量の第5世代の意味、現行の第4世代に比べ、最高通信速度がなんと100倍になるというから凄い。こうなると、どんどん便利になるのはいいが人間が「生きる」という意味が、まるっきり変わりそうで恐ろしくもある。詩人・谷川俊太郎の「生きる」という詩は私どんちゃんが大好きな詩だが、第5世代に生きる人にとってはどう解釈されるのかが想像できないでいる。「生きる」〜谷川俊太郎〜、生きているということ、いま生きているということ、それはのどがかわくということ、木漏れ日がまぶしいということ、ふっと或るメロディを思い出すということ、くしゃみすること、あなたと手をつなぐこと、生きているということ、いま生きているということ、それはミニスカート、それはプラネタリウム、それはヨハン・シュトラウス、それはピカソ、それはアルプス、すべての美しいものに出会うということ、そして、かくされた悪を注意深くこばむこと、生きているということ、いま生きているということ、泣けるということ、笑えるということ、恐れるということ、自由ということ、〜略〜。うーん、「早いということ」は決して「豊かなこと」ではないような気がしている。

「アンガーマネジメント」

15543689326990.jpg
新年度にあたって思うこと。そうだなあ〜、今年度の目標、スローガンを上げるとしたら『再生』だな。長いこと生きてくるとやっぱり「垢」や「カス」がたまってくるからね、それをブラッシュアップして生まれ変わってみせましょう。あとねぇ、私どんちゃんは人間ができていないところがあるから、そこをなおせばもっと宇宙の深いパワーと繋がれるようになると思うからがんばるわ。私の欠点は「瞬間湯沸し器」のようにすぐにカーッ!ってなること。高速道路を走っていて理不尽な追い越されかたをすると、すぐに抜き返したりしてしまうからね。あと、ほらほら、勝手にかけてくる電話での営業トークなんぞは、相手をしなきゃいいのに・・・。NPOの児童館やアトリエの若いスタッフにも、すぐに頭に来る(現代の若者VSどんちゃん的な)ところがあるからね、私もまだまだです、はい。今年は自分の怒りをどうコントロールするか「アンガーマネジメント」をポイントにするわ。

京都メリーゴーランド

15542833070520.jpg
今日はお昼まで四日市のメリーで増田さんの本のことをやってました。その後、京都のメリーゴーランドで古書市をやっているということで、久しぶりに京都まで足を伸ばしました。

子どもの本専門店・メリーゴーランド

15542510447770.jpg
三重県四日市市の子どもの本専門店「メリーゴーランド」に来ています。店主である増田さんの本「増田喜昭(ひげのおっさん)が選ぶ120冊」みたいな本を作りたいなあ〜って思って出版社に持ち込み、5年ごしで今年出版できる運びになった。責任編集は私どんちゃん。増田さんは、この国日本で間違いなく絵本を1番知る男。その増田さんが経営するメリーゴーランドは、子どもの本の聖地になっている。今日のブログの写真は三重県で発刊されているタウン誌「NAGI」『まちの本屋、なくしてええの』の特集記事なのだが表紙は増田さん。1万5千冊の子どもの本がずらり並んだメリーゴーランドの店内は圧巻(通常の子どもの本屋の本棚の高さは4段だが、メリーはニューヨークスタイルで9段まである)。この写真を見た子ども達が増田さんと同じポーズで写真を撮って行くという。全国でまちの書店は年間600店舗も閉じている現状の中、メリーゴーランドは熱い!。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday