男達はそろそろ目覚めましょう。

15054814822540.jpg
私は子どもの頃長い棒を見つけると必ず手に持つ子どもだった。棒や竹を振り回しては、母から「なんで長いもの振り回すの!」って叱られて、それでも何度も繰り返し繰り返し・・・。今月初めのチェーンソーでのケガ、やっぱり武器を持った男の子の気分になってトリャー!ってやってしまってからの失敗。男は古代からマンモス相手に戦ってきた性だからね、男が元来持っている闘うための「野生」、その「野生」のコントロールの方法を学ばないとだめだよねぇ〜。今朝は北朝鮮ロケット発射を伝える携帯電話のアラームで目が覚めた。どうしようもない男達が「オレはロケット持ってるぞ!」「何言ってんだよオレ達はお前のロケットなんてあっという間にミサイルでやっつけるぜ!」ってやり合っているのだが、男はダメだなぁ〜。そろそろ男達が、本当に目覚めないと取り返しがつかない大ケガするからね。

「兜?を創る」

15053900942880.jpg
木曜日小学生どんちゃんクラスのカリキュラムは「兜(かぶと)を創る」。兜ってさぁ、戦国武将がかぶるやつじゃん、それがなんでエイタ君は船とかのかぶりものになる訳?。左側のケンシンの君の作品にいたってはもう殺られて天国に行っているし!それが兜かい?!。子ども達の自遊な発想に真面目に感動します。大人だったらこうはならないんだよなあ〜。素晴らしい!パチパチパチ!。かと思えば本格的な兜や鎧制作を目指して毎日のようにアトリエに通ってはついに仕上げた連中もいる。その本格的バージョンはプランニング開のフェイスブックを見てください。そんな本格的な事をやりたいグループと自遊な発想でやりたいグループと、それぞれがやりたいことにとことん(可能な限り)付き合う事、それがアトリエの素晴らしいところ。小学校の「図工」だったら同じような作品が並ぶのだろうが、アトリエでは作品も子ども達も個性的でありそれぞれがイキイキと輝いています。そう、地球の未来は多様性でると言われているのだが、アトリエではずーっと前から多様性を大事にしています。

ご心配かけました。

15053106915280.jpg
3日の日曜日にチェーンソーで指を引っかけて骨まで見えるケガ、全国の皆さんにご心配をおかけいたしました。お陰様で今日10針縫った糸の抜糸ができました。まだまだ傷口はぐじゃぐじゃで、その傷口を私から見せられた小学生の「やひろ」は、「オレは一生手術はしない」との名言?を残している。木曜日クラスのどんちゃんクラスの面々は、「どんちゃんはやっぱりスゲーっ!チェーンソーだぜー」などと自慢げにしゃべり出すのだが、ああ〜ほんのあと1センチで小指が飛んでいたかと思うと・・・。マジで洒落にならなかったわけで、反省反省、気をつけて自重します。

映画「じんじん」其の二

15052110119520.jpg
映画「じんじん」其の二が封切られた。前回の「じんじん」は北海道・剣淵町が舞台。剣淵町は「絵本の里」、図書館の絵本の読み聞かせボランティアに地元の農家のお父さん達が活躍しているところ。ここのまちおこしに絵本作家あべ弘士が関わっていて、映画制作にも協力している。映画のタイトル「じんじん」という字もあべさん、映画のポスター・チラシに使用した絵もあべさん。ちなみにその絵の原画はプラさンニング開・アトリエ自遊楽校の1階から2階に上がる階段の踊り場に飾ってある。そうそう、あのゴリラの後ろ姿ね。あべさんの絵本「クロコダイルとイルカ」はこの映画のために制作された作品。さてさて、今回の「じんじん」其の二は、神奈川県秦野市が舞台。秦野市は「名水の里」、絵本「雲をつかむはなし」をこの映画のためにあべさんが新しく描いた。カワセミとニホンカモシカが主人公、なかなかの力作である。興味がある方は是非映画館まで足を運んでみてください。仙台は桜井薬局セントラルホールで公開中です。

まこちゃんがやってきた。

15051364536390.jpg
まこちゃんは新社屋になる前の1年と、新社屋になった1年のそれはそれは忙しい2年間もの間、スタッフとして大活躍してくれた。まこちゃんは小学生の頃からアトリエの「あそびじゅつ沖縄」や「あそびじゅつ北海道」に毎年参加してくれる子どもだった。なので長〜い長〜いお付き合い。まこちゃんが、結婚し子どもを産んで(超難産)初めてアトリエに子ども(2ヶ月)を見せにきたのだが、アトリエのお母さん達に次々に抱っこされていましたよ。

ジャズフェスに思う。

15050492198390.jpg
久しぶりに街中に出て、ジャズフェスの仕込みをやっている連中の表敬訪問をしてきました。ジャズフェスの裏をサポートするスタッフはみんな仲間、特に市役所広場前のメイン会場の音響・照明さんは身内みたいなもの、照明ブースで椅子に座ってコーヒーをご馳走になりながらジャズを楽しみました。実行委員長の榊原光裕はそれこそ大の仲良し、彼が一高から東北大工学部でバネの研究をしたあと、なんと全く違う道に進み、ボストンにあるバークリー音楽大学の作曲科に進み、なんとなんと4年課程を3年で修了して、主席卒業。そのままあのバークリーに残り先生になって欲しいとお願いされたって。彼は仙台に戻って来て私と県美術館の企画で劇的に出会うことになり、それ以来35年もずーっとつき合って来た。私が宮城冬季国体の開・閉会式の演出で彼がファンファーレの作曲とか、私がプロデュースのミュージカルで音楽担当してくれるとかいろいろやってきた。ジャズフェスは定禅寺通りのお祭りから始まったのだが、もともとは榊原の頭の中から始まったことワン パーソン アイデアなんだよねぇ〜。青葉祭りの雀踊りの「お囃子」、あのリズムも榊原の作品。まあ天才だわな。ジャズフェスは27回もの年月を経て日本最大級(バンドの数は800弱、ステージの数は100弱)のお祭りになったんだけど、多分榊原はこんなふうにしようとは思ってはいないんだなあ〜。お祭りって、でかくなればいいというものではないんだなあ。まあ、ここまで来ると いろんな力が働くからね、今度ゆっくり二人で飲むことにするよ!。

多賀城市・子育てワークショップ

今日は多賀城市におじゃましています。「多賀城市・子育てワークショップ」の2回講座の1回め山王地区公民館で人形劇・お話し遊びとミニ子育て講話です。初めて出会う親子と遊ぶってなかなか難しい、ウチのあきらちゃん達がやっている「ふれあいあそびコンサート」は「音楽」という飛び道具があるからさぁ、それは強いのさぁ、すぐ空気が作れちゃうからね。私どんちゃんがやっているのは「お話し遊び」、1才〜4才からの子ども達もいるからね、お話しの世界に入ってこれるかなあ〜、何分間集中していられるかな〜が勝負。ところがところが、まるまる1時間(以上)しっかりとお座りができて、ちゃんとお話しの世界を楽しむのさ〜。びっくりしちゃうね!。いい時間でした。ところで人形劇をやりはじめて気づいたのは、小指をたくさん使うってこと(いままで気づかなかったわー!)、日曜日にチェーンソーで切った小指はまだ抜糸もしていないし・・・。


「育ちあい」

15048464579430.jpg
朝出勤すると、スタッフのひろみちゃんとぷーちゃんが真剣になにやらやっている。ぷーちゃんは保育系の専門学校で学んでいたのだが、その時の先生がひろみちゃんだったって。ぷーちゃんはこう見えても特待生(意外でしょうが卒業式には答辞を読んだのだ!)、そのぷーちゃんがウチのスタッフになったのが昨年の春。なんとそのぷーちゃんが、今年の4月から母校の専門学校で「造形・表現」を教えることになったのだが、その指導方をひろみちゃんから直々に伝授されている現場がコレ。子どもに実際やるのと学生に教えるのとは全く違うスキルが求められる。私どんちゃんも宮城教育大学や仙台幼児保育専門学校で20年も教えたからよーくわかります。夏の保育学セミナーの参加者が「どんちゃんがバトンタッチの必要性を言って言っていたけど、今年の保育学のステージ見て感心したわ、あきらちゃんと若手スタッフが同じステージ踏んでいるんだものねぇ〜、本当に育てているんだって思ってさ」と言ってくれたのだが、そうそうウチは「育てる」ところなのですよ。アトリエの子ども達はもちろん、卒業した若者達、そしてお母さん達やお父さん達、スタッフにいたるまで本気で「育てる」ことに全力であたっています。こう書くと上から下へ一方的に教えて行く感じですが、実は教えたり育てたりしていく過程で育てている側も育つんだよねぇ〜。そういう意味では「育ちあい」だね!。

栗原市からのお礼のコメント


先週の土曜日に栗原市に行って講演会をしてきた際のお礼のコメントが、担当者からメールで届きました。行政から依頼の講演会は終了してから必ずっていいほどお礼状がとどきます。大概は形式的なものが多いのですが、今回のように熱き思いを直接伝えてくれる方もたくさんいます。栗原市の担当の彼女は参加した皆さんが口々に「今日の新田先生のお話しは本当に面白かった」と言って帰られた話し、その中でも担当ご自身のお母様がいて出掛けにお父様から「76才にもなって、講演会行って何になるの?」ってバカにされたって、そのお母様は正直に遠慮なく評価を下すというのだが「今回の講演会は胸張って面白かったって言える」と担当した娘さんに話した事等々伝えてくれました。また、仕事が上手く進まず正直焦っていて、仕事が上手く進まないのは夫婦喧嘩より身体にこたえるという事で、彼女が考えた事がこの講演会、起死回生の逆転さようなら満塁ホームランの感触で、市役所の部長さんからも「今回はいい会だったねぇ、もう一度新田さんに会って、ちゃんと話しを聞きたい!」って言われたって!。良かったね〜!。私どんちゃんとしても反応をコメントにして返してもらえるって嬉しいことなのよ。昨日のブログに書いたユーチューブも1日で70回も再生されたからね、反応があるって嬉しいことなのよ。こちらこそ、ありがとうねぇ〜。


怒涛の夏が終わりました。

15046929315110.jpg
今日は水曜日、どんちゃんクラスの日。夏はあっちに行ったりこっちに行ったり、サマーキャンプからの沖縄、お盆をはさんでのアフリカと子ども達になかなか会えなかったわけですよ。今日、ようやく会えました。アトリエはやっぱり楽しいなぁ〜って実感します。ようやく夏の企画の写真やら動画をウチの若手スタッフのジャンプ君に整理してもらって、今日、サマーキャンプの様子をまとめた動画をユーチューブにあげました。仙台は記録的な雨続きの夏だったのですが、サマーキャンプだけはどんちゃんパワーでこんなに青空だったのですよ〜。ユーチューブhttps://youtu.be/YmVFKonR9L4覗いて見てくださいね。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
archives
links
profile
count
Total
Today
yesterday